Staff Blog
社員ブログ

PDU発行eラーニング FAQ (PMP受験、PDUについて)

2016.08.25

弊社のPDU発行eラーニングをお申込みいただく際に多い質問とその回答についてまとめました。(2016/12/5アップデート)
弊社のeラーニングはその多くがPDU発行コースで、これからPMP受験予定の方弐は受講時間を発行いたします。また、コースよってはITC実践力ポイントも付きます。
現在PMP更新を控えている方、これからPMPを受験予定の方、また一度にPMPおよびITC有資格を更新できるトレーニングをお探しの方に特にお勧めです。

 

Q: これからPMPを受験する予定なのですが、受験要件を教えていただけますか?


A: 受験条件は、PMI日本支部のサイトにも公開されていますが、下記の通りとなっております。

下記の条件に加え、さらに35時間のプロジェクトマネジメント研修を受講する必要があります。(ただし、研修はPMP受験に必要な研修時間の証明を発行できるものに限る)
弊社のeラーニングは、PDUおよび研修時間の両方を発行できるトレーニングです。また、コースの組合せによって、一度にPMP受験に必要な35時間分のプロジェクトマネジメント研修時間を取得することも可能です。

【PMPの受験条件】

  •    高校卒業以上の方 7500時間以上の実務経験 60か月のプロジェクトマネジメント経験

  •    大学卒業以上の方 4500時間以上の実務経験 36ヵ月のプロジェクトマネジメント経験


 

Q: これからPMPを受験する予定なのですが、受験に必要な研修時間(35時間)に充てられますか?


A: コースによって、受験に必要な研修時間に充当できるコースと、できないコースがあります。各コースのPDU(研修時間)の発行要件については、以下のeラーニング一覧からご確認ください。

弊社のeラーニング一覧はこちら

 

Q: コースを修了すると、ITC実践力ポイントも発行されますか?


A: コースによって、ITC実践力ポイントが発行できるコースと、できないコースがあります。各コースのPDU(研修時間)の発行要件については、以下のeラーニング一覧からご確認ください。

弊社のeラーニング一覧はこちら

 

Q: PMP合格後はどのようなサイクルでPDUを取得する必要がありますか?


A: PMP取得後は、3年間の更新サイクル(CCR)で60PDUを取得する必要があります。また、PDUにはPMIが定めたカテゴリーがあり、各カテゴリーから決められた数のPDUを取得する必要があります。大きく分けて<教育>(PMIに登録する教育機関提供の研修など)と<ギブバック>(PMIでのボランティア活動など)の区分があり、<教育>では最低35PDU、<ギブバック>では最大25PDUのPDU申請をします。
なお、2015年12月から新しいルールが導入され、取得すべきPDUの内訳に大きな変更がありました。また、変更後はPDUにサブカテゴリー(テクニカル、リーダーシップ、ビジネス&ストラテジー)が設定され、それぞれのサブカテゴリーで取得すべきPDU数が設定されました。今後PMPを受験予定の方、更新予定の方はご注意ください。

新しいルールでのPDUの内訳等については、以下のQ:「PMP試験合格後、3年間の更新サイクルで取得すべきPDUの内訳を教えてください。」をご覧ください。

 

詳細はPMI日本支部のこちらのページを確認 →【12月1日以降の新CCR登録可能PDU種別のご紹介

 

 

Q: PMP試験合格後、3年間の更新サイクルで取得すべきPDUの内訳を教えてください。


A: 詳細はPMI日本支部のこちらのページを確認してください。 →【12月1日以降の新CCR登録可能PDU種別のご紹介

PMP試験合格後、3年間の更新サイクル(CCR)内に取得すべきPDUは、大きく分けて【教育】【ギブバック】に分けられます。
また、PDUにサブカテゴリー(テクニカル、リーダーシップ、ビジネス&ストラテジー)の概念が導入され、それぞれのサブカテゴリーで最低取得すべきPDU数が決められています。

 

 

教育(35PDU)
テクニカル:8PDU (必須)
リーダーシップ:8PDU (必須)
ビジネス&ストラテジー:8PDU (必須)
35PDU-8PDU×3(24PDU)=11PDU  : どのサブカテゴリーから取得しても良い。


*【教育】のカテゴリで取得すべき35PDUの内、テクニカル:8PDU、リーダーシップ:8PDU、ビジネス&ストラテジー:8PDUは必須。残り、11PDUはどのサブカテゴリーから取得しても良い。

  • Course or Training: PMI支部主催のイベント、登録研修期間(R.E.P.)の研修など。

  • Organization Meetings:PMI支部や団体が開催するプロジェクトマネージャー向けのミーティング等(*1~2PDUまで)

  • Online or Digital Media : ウェビナー、ビデオ、オンラインコースなど。

  • Read:資格の維持、向上に関する自習(書籍の学習)など。

  • Informal Learning: 専門家として参加する検討会等の研鑽機会など。


ギブバック(最大25PDUまで)※実務PDUはCCR期間中一度だけ登録可能



  • Work as a Practitioner: 資格者としての実務経験。

  • Create Content: 書籍の編集、ブログの作成、ウェビナーの作成等。

  • Give a Presentation:PMI日本支部での講演イベント、グローバルカンファレンスなど。


 

Q:eラーニングの受講開始時間は決まっていますか?それとも自分で決められますか?


A:弊社のPDU発行トレーニングは、受講者様のご都合に合わせていつでも受講できる、eラーニング形式です。弊社ホームページ上からお申込みいただき、クレジットカードにてお支払いいただいた後、その場ですぐに受講可能です。受講までお待たせしませんので、PDUやPMP受験のための研修時間を早く取りたい方にもおすすめです。

 

Q:受講期間はどれくらいですか?


A:PDU発行のeラーニングは、全てのコースで受講期間1か月となっております。お申込み、お支払頂いた時点で受講開始となります。

 

Q:割引きキャンペーン等はありますか?


A:不定期でセット割引等を行うキャンペーンを実施しています。キャンペーンの情報は、ホームページやメルマガ等でお知らせしています。新コースのご案内もメルマガでいち早くお送りしますので、ぜひメルマガの購読もお願いします。メルマガは、弊社ホームページトップページ一番下の登録画面から購読手続きが可能です。

*(2016年8月時点)多くのPDU発行eラーニングをリリースしています。現在リリースキャンペーン価格としてご提供中ですので、キャンペーン期間中にぜひご受講ください。
弊社のeラーニング一覧はこちら

 

 

Q:PMPを受験するまでの流れを教えてください。


簡単にご説明すると下記の通りです。詳細はPMI日本支部のホームページに記載されていますのでご確認ください。

PMPの受験要件確認(上記質問確認)→PMP受験に必要な公式トレーニング受講(35時間)→PMI本部に受験申請→PMI本部から受験資格取得→試験申込み→PMP受験

*注意点*
PDU発行=公式研修時間発行 ではありませんのでご注意ください。
PMP受験の為の公式研修時間を発行できるトレーニングをお探しの場合は、「公式研修時間」が発行できるかどうか十分にご確認ください。

なお、弊社のPDU発行トレーニングはほとんどのコースで、公式研修時間も発行しております。詳細は、トレーニング詳細ページをご確認ください。

 

 

Q:PDUを取得した後、PMIへはどのように申請すればよいですか?


A: PDUはPMI本部のサイト(CCR)から申請いただく必要があります。(事前にアカウント登録が必要です。なお登録は無料です。)

また、本部への申請方法についてはPMI日本支部のサイトに詳しく掲載されています。

※CCR(Continuing Certification Requirements System):PMIの資格を更新、維持するプログラムです。トレーニングで取得したPDUはCCRから申請します。

 

 

Q:PDUの申請カテゴリーが色々ありますが、御社のeラーニングを受講した場合、どのカテゴリーでの申請になりますか?


A:弊社のeラーニングを受講された方は、【 Course or Training  】で申請してください。
Course or Training はPMIのR.E.P.(認定教育機関)が提供したトレーニングを受講した場合のカテゴリーです。

カテゴリーの詳細は、PMI日本支部のホームページ上の情報をご確認ください。PMI日本支部:PDUのカテゴリーについて

 

PMP保持者は資格更新のため、3年間の間に60PDU取得する必要があるので、資格更新時期に慌てないように計画的に取得していくことをお勧めします。なお、弊社のPDU発行トレーニングは全て、これからPMPを受験する方に必要な公式な研修時間(35時間)としても充当可能です。

弊社のeラーニング一覧はこちらをご覧ください

 

その他PDU発行トレーニングについての記事はこちらから

 

弊社トレーニングについてのお問合せ:

トレーニング事業部: training@mgmtsol.co.jp

Our Business

Contact