Staff Blog
社員ブログ

プロジェクトの個別最適な行動を全体最適へ!

2016.04.14

最近のビジネス環境の変化って本当に早いですよね。
いま支援しているお客さまでも、法改正や競争力強化に向けて巨大プロジェクトや全社横断プロジェクトが、タケノコのようにポツポツ産まれてきています。

キックオフでは「全社横断プロジェクト、巨大プロジェクトを成功させるには全体最適を目指してメンバー全員が協力的に!」と、いつも同じような話を聞きながらも、毎回部門の壁・プロジェクトの壁に苦労をさせられ、当事者たちも喫煙室では「大企業病だね」なんて冗談ぽく言い合い、自覚しているくせに矛盾して個別最適な行動を繰り返しています。

しかも支援していて疑問に思うのは、ふり返りの時には個々のプロジェクトのQCD目標が達成されたかだけをふり返っていて、全体最適に向けたマインドや行動の醸成を強化する教訓を得ていない点です。

よくふり返りの場で聞く具体例を紹介すると、
・同じプログラム内の他のプロジェクトは失敗したのに、我々はQCDを達成しました。
・ステークホルダーの個別最適な行動の結果、こんなに困難な制約を与えられましたが、それでも我々はこんな工夫をして対応しました
という感じで、個別最適な行動の結果、他のプロジェクトや組織に与えた不利益、与えられた利益が評価の観点から落ちている事がよくあります。

それどころか、他プロジェクトの課題や調整を積極的に行う担当者がいても、全体最適の視点で評価すれば良い行動をしているにも関わらず、個別プロジェクトのPMからは「○○さんは、また火中の栗を拾ってきては余計な事に工数を費やしていた」なんて咎められている事例も実際に目にしました。
実力と自信を兼ね備えているベテランPMの中には、「俺はプロジェクトを失敗させない。(弁舌の立つ彼であれば)何故なら失敗する要因は、プロジェクト外へいくらでも転嫁可能だからだ」なんて酒席の場で豪語されたこともありました。

何故、個別最適な方にばかり視点が固執されてしまい、全体最適な教訓が得られないのでしょうか。

私がやっかいだなと思うのは、プロジェクトの目的を達成するためには「個別最適」を追求する行為や教訓は時と場合により「正しい行為」では無い場合がありますが、かといって決して「間違えた行為」でもありません。「何故視点をあげて全体最適な観点で行動しよう・ふり返ろうとは思わないのですか?」と問いかけても、そこを個人の意識だけで追求させるのには無理があると思います。

何故ならば、QCD目標を限界ギリギリに設定する事が多い最近の環境下では、個別のプロジェクトを成功させる事すら一苦労で、多くのエネルギーを注ぎ込んでようやく個別プロジェクトを成功させているのに、全体最適のタスクに構う余裕などとても持てない。PMは個別プロジェクトの完遂という厳しい責任を負っているからです。個別プロジェクトの最短ルートを追及する事にのみ自然と意識づけられてしまうのも構造上仕方の無い事だと思います。

ただ、現状のままではいつまでも全社横断プロジェクトはどこか上手く進める事が出来ずに、企業は「変化」に対して強くなる事が出来ません。どうしたらいいのでしょうか。

私は企業が本当に変化に強くなり、全社横断プロジェクトの成功率をあげていきたいのであれば、これらの全体最適に貢献した行動をプロジェクトの評価軸に加え、組織的に全体最適を奨励・強化する事が必要だと思います。
評価軸に従い、全体最適に向けた望ましい行動や望ましくない行動をふり返りながらPDCAを回す事で、時間をかけて中長期的に少しずつ意識を是正していく事ではないでしょうか。

それ程待てない。短期的には手っ取り早い解決策を求めたいという事であれば、弊社のようなPMOをプロジェクトへ投入して全体最適行動を率先して実施させる事が良い解決策かと思います。

長々書いて最後は営業になってしまいましたが、もしお困りの際のご連絡は弊社ホームページまで!

Our Business

Contact