Staff Blog
社員ブログ

私の【ボディマネジメント】その2

2016.08.25

E.N


前回「私の【ボディマネジメント】その1」を投稿してから早いもので10か月。
合計で20kg!といいたいところですが、およそ15kg絞ることができました!

現在のBMI値はジャスト22。
高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能障害等の有病率が最も低くなる値!
いわゆる人間が完全体としてフルパワーを発揮できる数値ですね!

うっちゃりわがままボディの私の姿を知らない社員も増えてきております。
まだまだぽっちゃり不安定ボディなので引き続き頑張ります。

さて、今回はこのボディマネジメント計画において、
仕事にプラスに働いたこと・考え方を少しばかりご紹介いたします。

------
1.憧れの仕事用パンツスタイルが履けてモチベーションアップができた
仕事ができそうな女性を思い浮かべると、
パリッとしたパンツスタイルでバインダーを持っている姿や
黒縁メガネにタイトスカート、書類の入った封筒を持っている姿が
イメージされていました。
(やや偏りはありますがあくまで個人のイメージです)
特にパンツスタイルは、履いてみたくても、太りすぎていて履けない。
それが、痩せたことによってパンツスタイルでのワーキングコーディネートが
しやすくなったのです。
痩せて仕事用のお洋服が似合うようになってきたことで、仕事・出社時の
モチベーションが上がりますね。


2.「自分の意志で選ぶ」という意識を持てるようになった
20代を、贅沢わがままな甘やかしボディで過ごしてきてしまったことによる
ボディへのコンプレックスが影響していたのでしょう、
以前は不必要なところで自分を卑下したり、
無駄に自信を無くしたり、なんでも自分が悪いと思うことが多かったのでした。
ボディマネジメントが好調に進むことでそのコンプレックスが少しずつ剥がれ
仕事にも好影響が出てきたように思います。

【主なボディ甘やかし行為】
・友達とスイーツ食べ放題♪元をとらなきゃ~(チョコレート系ケーキもりもり)
・旅行先での珍しい食べ物、せっかく来たんだから旅行中くらい太っても…
「いいよね!」
(そして帰ってからも特に何もしない)
・飲み会誘われちゃったから…(お酒が得意じゃないので食事で元を取る)
・勉強前には脳に糖分を!(実際どのくらい必要なのか知りもせずグミぱくぱく)
・プロレス観戦ではおやつ必須
・痩せてる人がいっぱい食べてる!じゃあ、私m(略)
・痩せるサプリ飲んでるから大丈夫(サプリはあくまでも補助…)
・おいしいものを残すとか信じられない。おなか一杯でも食べる(うぷっ)...など

いつか脂肪吸引の大掛かりな手術を受ければいいやとでも思っていたのでしょうか。

ダイエット、受験勉強、仕事でも、人や環境のせいにしないように
知識をつけて、経験積んで、自分で選んでいけるようにしていきたいものです。

------
終わりに…

ボディマネジメントをしていく上で重要な、
食べ物の選択をケアするようになってから、視点によってその存在価値が
大きく変わるということを昔以上に意識するようになりました。

完全に炭水化物を取らない時期もありましたが、
現在はリバウンドを防ぐために朝・昼におにぎりを食べる日も作っています。

皆様にとっての「おにぎり」とはどんな存在でしょうか。。。

特に何も考えずに食べる、炭水化物だから食べない、いくらが好き…など
食べ物ひとつとっても、たくさんの見られ方がありました。

ちょっと苦手なあの仕事・習慣・行動・人も、
別の視点で見てみると、意外と理解できるようになるかもしれませんね?

Our Business

Contact