Staff Blog
社員ブログ

新卒教育のための社内プロジェクト

2016.12.08

新卒教育については、各社で様々な工夫がされているかと思いますが、
弊社では、一風変わった教育カリキュラムが有ります。

それは、社内プロジェクトを新卒に任せることです。

<これまでに実際に立ち上がった社内プロジェクト>
 ・全社合宿プロジェクト
 ・全社クリスマスパーティプロジェクト(クリパプロジェクト)
 ・全社BBQプロジェクト 等


私の代は【全社合宿プロジェクト】を任されました。
計画から当日の進行まで任されるのですが、様々な問題にぶち当たり、苦悩したことを今でも思い出します。


入社してから間もなく丸3年になりますが、社内プロジェクトを経験することで身に付いたスキルは何だったのか。
今だからこそ感じるものがあると思うので、記載させていただこうと思います。



実際に学んだことを ハードスキル/ソフトスキル という観点で記載します。

①ハードスキル
 プロジェクトで必要となる資料作成スキル
 (例:プロジェクト憲章の作成、WBSの作成、リスク管理表・課題管理表の作成 等)

②ソフトスキル
 PMOとして必要なヒューマンスキル
 (例:コミュニケーション力、チームビルディング力、メンタル力、交渉力 等)


①ハードスキル は、入社後の研修(座学)である程度学ぶため、社内プロジェクトで新卒が習得すべきスキルは
②ソフトスキル に重きを置かれていたと感じております。


その証拠として、
「PJでよくある困難な状況を”敢えて”設定していた」と社長からプロジェクト完了時に言われたことが挙げられます。

「敢えて設定された状況」とは、以下のようなものでした。

 PM(プロジェクトマネージャ)に権力は無く、PM補佐が最も権力がある
  →PMに合意をとっても、何度も何度もPM補佐にひっくり返される
    →1週間検討してきたことが無駄になる

プロジェクトでよく耳にする「手戻り」を身を持って経験したのですが、それらは全て会社の 狙い通り でした。


その狙い通り、私たちの ソフトスキル は鍛えられました。
具体的には、以下の3点です。
・難しい状況の中、プロジェクトを成功させるためにどうすればいいか必死に考える
・仲間(同期)と協力し、信頼関係を築き上げる
・関係者を適切に巻込みながら意思決定を促す


実際のプロジェクトでも必要な(必須といっても過言ではない)スキルだと思います。

もちろん1年目ではここまで感じていませんでした。
3年目の今、やっと使えるスキルになってきたというようなイメージです。


今回、ソフトスキルに着目した記載になりましたが、
ハードスキルは座学や参考書からある程度学ぶことができても、
ソフトスキルは気付きを得られなければ変われず、学びも得ることが出来ない部分だと思うからです。

我々はプロジェクトのメンバに気付きを与える立場に立たなければいけないと(生意気にも)感じています。



最後になりますが、

現在私は、今年の新卒が任されている【全社クリスマスパーティプロジェクト】のPMを任されています。
(社内プロジェクトのPMは、ベテラン社員から入社歴の浅い社員まで、その時により担当者は変わります)

新卒の時とはまた違った学びがあることを毎日ひしひしと感じております。

(引っ張っていく側がどう動くべきなのか等)


次回のブログ当番までに、今回の振返りを行う必要がありそうです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

Our Business

Contact