Staff Blog
社員ブログ

【コンサルティング会社の新卒向けブログ】 第6回 ~就活生が最も苦手な逆質問で高評価を得る秘訣とは~

2016.12.22

++-----------------------------------------------------------

■マネジメントソリューションズ 新卒採用ブログ■
発行元:株式会社マネジメントソリューションズ
第6回目 2016/12/20発行
https://www.mgmtsol.co.jp/recruit/ 採用コンテンツ(社員座談会、Q&A他)
-----------------------------------------------------------++

こんにちは!マネジメントソリューションズのメルマガ担当です。

前回のブログ、第5回「会社説明会で印象が決まる!?好印象の秘訣とは」で紹介した質問のコツをさらに深堀し
《具体的にどんな質問が良いのか》をご紹介します!
※前回のブログはこちら→ https://www.mgmtsol.co.jp/recruit/news/7169/

結論から述べると

☑一般的・強みアピール・熱意アピール・詳しい仕事内容の質問

☑質問後のリアクション

☑逆質問タイムがなかった時の対応

上記3つが逆質問をする上で抑えるべきポイントとなります。

 

《4パターンの逆質問》
[一般的]:仕事でどのような時にやりがいを感じますか?
[強みアピール]:私は〇〇の専門知識があります。御社での仕事で活用することはできますか?
[熱意アピール]:御社は女性で活躍されている社員が多いと思うのですが、もし可能であれば実際に産休、育休を取られた社員の方と一度お話しすることは可能でしょうか?
[詳しい仕事内容]:現時点で競合はいないということですが、他社と比較して御社のサービスの一番の強みは何でしょうか?

 

《質問後のリアクション》
NG対応「なるほど~。」「ありがとうございます。」
OK対応「先ほど~とおっしゃっていましたが、~でしょうか?(さらに深堀)」
「自分では~と考えていましたが~と考え方が変わりました。(感想)」

聞きっぱなしは失礼です。必ず質問後、深堀をするか感想を述べるかのリアクションを取りましょう。
もし、時間がなく他の学生も待っているようであれば「後ほど~について詳しくお話しお伺いしたいので宜しくお願い致します。」と次に繋げる言葉を述べるのもOK対応です。

《逆質問タイムがなかった時の対応》
「質問があるのですが、次の面接などお時間は大丈夫でしょうか?」
「質問があるのですが、お時間頂戴してもよろしいでしょうか?」

と人事の人に確認しましょう。

その後は人事の方次第ですが、質問がある意図を伝える・聞きたいことを聞き逃さないという2つを欠かさないために伝えることはとても重要です。

参照:
http://www.shuupura.com/お役立ち/面接対策-人事担当者を唸らせる-面接官への逆質問/
http://b-chive.com/business/career/finding-employment/job-hunting-interview/reverse-question/reverse-question2.html

次回のメルマガもお楽しみに!

==================================================================

☆Twitter(@msol_consulting)
接対策、ESの書き方など、各種就職に役立つ情報発信!

☆新卒採用に関する各種コンテンツを公開!
ホームページ
Twitter
Facebook

☆会社説明会追加日程(2016年12月、2017年1月)
<東京開催>

・12月21日(水)14:00~17:30
・12月22日(木)14:00~17:30
*六本木 泉ガーデンコンファレンスセンター 定員30名

・1月20日(金)14:00~17:30
・1月23日(月)14:00~17:30
・1月25日(水)14:00~17:30
・1月26日(木)14:00~17:30
*弊社六本木オフィス 会議室 定員10名

<中部・関西開催>
・1 月28日(土)10:00~12:00

*プライムセントラルタワー名古屋駅前店 定員30名 ※筆記試験WEB対応※

⇒詳細・予約はこちらから
お名前、大学名等の簡単な情報を登録した後、マイページのIDが発行されます。
マイページにログイン後、会社説明会のご予約が可能です。

新卒採用についてのお問合せ: jinji@mgmtsol.co.jp

 

 

Our Business

Contact